知っておきたい豆知識記事一覧

水虫治療といえば、塗り薬を考える人が多いと思いますが、爪水虫の場合には、角質の奥の部分や爪の内側にまで白癬菌が侵入しているため、塗り薬では十分に浸透できずに治療効果が出ない場合があります。そのため、皮膚科では爪水虫の治療のために内服薬が処方されることもあります。飲み薬でも爪水虫が治療できる理由病院では抗真菌剤が爪水虫の治療のために処方されますが、爪とは一見あまり関係なく思えるのにどうして治療ができ...

足の爪に白癬菌が侵入して発生する爪水虫ですが、その発生経路にはどういうものがあるのかまとめてみました。基本は水虫からの感染爪水虫を発症した患者の大多数は、爪水虫の前に水虫に感染しています。ですから、爪水虫の感染を防ぐためには、基本的な水虫の感染予防が大切です。原因となっている白癬菌は非常に生命力が強く、寿命が長い菌です。体から離れたとしても、付着している角質がそのままの状態であれば、長い場合には一...

水虫というのは中高年の病気だと思っている人も多いのですが、実は子供だとしても感染してしまうことがあります。実は子供の爪水虫には飲み薬を使うことができません。治療はどのようにしたら良いのでしょうか?子供の爪水虫は要注意もともと爪水虫というのはあまり自覚症状のないものですが、子供の場合はちょっとした異常があっても、痛みやかゆみが無ければ看過しやすく、知らないうちに進行していることも多いので注意が必要で...

爪水虫が重度に進行してくると、爪がボロボロになって剥がれ落ちたり、また変形したりしてしまうことがあります。その際に、巻き爪となってしまい、痛みを生じるケースもあるようです。爪水虫と巻き爪の関係について見てみましょう。巻き爪とは巻き爪とは、爪の横端の部分が内側に向かって巻いていくもので、自分の指の爪に食い込むように伸びていきます。そのため、歩行時には痛みを生じたり、ちょっとした爪先の接触によって、爪...

爪水虫は爪が白癬菌というカビの一種に感染することによって生じます。感染すると爪が白や黄色に濁って変色していったり、それが進行すると爪に多くの筋が入ったり、もろくなって崩れたり割れたりします。こういった症状は爪水虫特有のものではなく、他の爪の疾患でも見られます。似たような病気についても、その症状を理解しておくと自己診断に役立ちます。爪甲剥離症爪甲剥離症は、いわゆる爪がはがれてしまった状態です。爪は通...