爪水虫の疑問記事一覧

足の爪に白癬菌が感染することによって生じる爪水虫ですが、実はこの病気は女性に多いという話もあります。水虫はオジサンの病気と考えられがちですが、実は女性にも多いので注意が必要です。一般的にこの治療のためには飲み薬が用いられているのですが、女性の場合には服用ができない場合があるので注意しなくてはなりません。爪水虫の飲み薬とはこの治療に使われる飲み薬というのは、抗真菌薬と呼ばれる種類のものです。簡単に言...

爪水虫については多くの人がイヤだと考えていますが、その症状についてはあまり理解が進んでいないのが実情です。爪に白いカビのようなものができるというのはよく知られているものの、それはあくまで初期段階なのです。では、どのように爪水虫は進行するのでしょうか。初期段階の爪水虫初期段階での爪水虫の症状は次のようなものがあります。爪の肥厚化と濁り爪の厚みを普段気にする人は少ないかもしれませんが、明らかに盛り上が...

水虫というと足の病気というイメージがありますが、実は水虫の原因である白癬菌は手にも感染することがあります。爪白癬や爪水虫と呼ばれるものも、同様に手に生じることがあるので要注意です。手の爪水虫はどうやって起こる?足と比較すると手は水虫になりにくい部位です。というのは、まず洗う機会も多いということや、何よりも常に露出していて、蒸れてしまうという状況はほぼ無いために、あまり白癬菌が感染しても増殖する環境...

爪水虫は白癬菌に爪が感染することによって生じるもので、別名を爪白癬と言うこともあります。ひとたびその症状が出てくると、自然治癒は難しいとされていて、そして放置して進行が進むと爪は白や黄色、褐色に濁っていき、爪はもろくなってボロボロに崩れたり欠けたりしていきます。実はこの爪水虫と関係している病気として、生活習慣病として有名な糖尿病があります。一見関係ないように思える二つの病気ですが、どういった関係が...