ピロエースZクリーム

 

水虫治療薬として人気のある「ピロエースZクリーム」ですが、数ある水虫治療薬の中ではどのような特徴があるのでしょうか。

 

水虫に有効な5つの有効成分を配合

ピロエースZクリームでは、水虫に有効な有効成分を5つ配合しています。それぞれが目的を持って配合されていて、爪水虫や水虫の治療と症状の緩和効果をもたらしてくれます。

 

殺真菌成分である「ラノコナゾール」は、強力な殺真菌(カビ)効果と、高い浸透力でしっかり患部に届く成分です。そのため、角質の奥や爪の中や内側に入りこんだ白癬菌にも効果を発揮します。

 

また、長時間の効果が見込める成分ですから、使用も一日一回でOKです。白癬菌だけでなく多くの細菌にも有効な「イソプロピルメチルフェノール」、かゆみどめ成分に有効な「クロタミトン」や炎症を鎮める「グリチルレチン酸」を配合。

 

そして清涼感を高めるl-メントールの働きで、塗った後にも爽快感が広がります。水虫の多くの悩みにしっかり効果が期待できる商品設計になっています。

 

 

使い心地に配慮した設計

 

 

ピロエースZクリームは使い心地の良い水虫治療薬と言われています。その理由は、まず伸びが良いクリームであるという点です。水虫治療薬はタイプによって有効な水虫の種類がある程度出てきますが、クリームタイプは基本的に万能選手で、様々に用いることができます。

 

水虫は広範囲に広がりますから、目視で症状が出ている部分以上の広さに塗布していく必要があるので、伸びの悪いクリームだとすぐに消耗してしまいます。ですから、伸びが良く、患部を選ばないクリームは非常に使いやすいのです。

 

そして、使い心地もメントールの爽快感が残りますから、べたつきもなく、爽やかな使用感で、気分的にも水虫とサヨナラできた感があります。一日一回の使用で良いこともあり、毎日の使用がそれほど負担になりません。

 

 

ピロエースZクリームを成分からみた効果

白癬菌に有効な「ラノコナゾール」

ピロエースZクリームは水虫や爪水虫、ぜにたむしなど、白癬菌を原因とする皮膚疾患に有効です。その有効成分として、強力な殺真菌効果を持つ「ラノコナゾール」を配合。

 

強力な殺菌効果で白癬菌に有効であるだけでなく、浸透力の高い成分として知られ、角質の奥深くや爪の中に入り込んだ白癬菌にもしっかり届いて作用します。効果が持続する時間も長いために、塗布するのも一日一回で良いのが良いですね。

 

 

皮膚を細菌から守る「イソプロピルメチルフェノール」

そしてさらに、殺菌効果の高い「イソプロピルメチルフェノール」を配合。ニキビ治療薬やシェービングクリームでも良く見られる成分なのですが、殺菌効果が高く、皮膚のかきこわしや小さな傷口からの細菌感染を防いでくれます。

 

白癬菌の殺菌効果という点ではパワーが少し足りませんが、皮膚に悪影響を与えず、多くの細菌トラブルに強い成分です。

 

 

かゆみを止める「クロタミトン」「グリチルレチン酸」

水虫は白癬菌を殺菌して治療しますが、実際に起こっているかゆみから、皮膚を傷つけてしまったり、そこから細菌感染が生じるようになるなど二次被害が生じていきます。

 

厄介なかゆみを抑えるために、「クロタミトン」「グリチルレチン酸」を配合。これらは多くの水虫治療薬で用いられ、症状の緩和に役立てられています。かゆみの元になるヒスタミンや炎症を鎮める作用があります。

 

 

清涼感を高める「l-メントール」

水虫の原因となる白癬菌は、高温多湿を好む真菌です。ですから、水虫の出ている人の多くは、常に足がそのような環境にさらされています。これは人間が不快と感じる状態です。

 

ピロエースZクリームでは「l-メントール」を配合していますので、使用後はしっかり保湿をし、クリームによる皮膚の保護をしながらも、スーッとした清涼感のある使用感となっています。そのため、足がむずむずしたり蒸れていることを感じにくくなり、爽快です。