ブテナロックVαクリーム

 

辛い爪水虫の解消に有効とされる市販薬「ブテナロックVαクリーム」ですが、どのような特徴のある商品となっているのでしょうか。

 

原因となる白癬菌への優れた殺菌作用

水虫の原因菌は、白癬菌と呼ばれるカビの一種ですが、ブテナロックVαクリームでは白癬菌に有効な殺菌成分を豊富に配合。優れた殺菌成分を持つブテナフィン塩酸塩や、抗菌成分として様々な皮膚のトラブル治療に用いられるイソプロピルメチルフェノールを配合しています。

 

その他にも殺菌や消毒に効果のある成分を多数配合していて、白癬菌の活動を抑制し、殺菌する作用が期待できます。塗り薬は爪水虫の場合には浸透力が問題となりますが、この商品は尿素を配合しているため、固くなったたんぱく質を柔らかくし、薬剤の浸透を助けるようになっています。

 

そのため、原因となる白癬菌への効果が期待できる設計となっています。

 

 

症状の緩和効果も高い塗り薬

この商品の特徴として、治療効果だけでなく、起こっている症状を緩和する効果が高いことも挙げられます。爪水虫の大部分では、かゆみや炎症といった水虫症状が、爪の周辺部分にも現れますが、これらに対して有効な成分を数多く含みます。

 

そして、臭いの元になる菌についてもしっかり除菌でき、足のエチケットも守られるようになっています。

 

 

継続使用がしやすい

 

 

毎日の使用が患部に一日一回塗布するだけと非常に簡単です。何度も繰り返し塗る必要がありませんから、特に忙しい朝には助かる商品です。

 

価格も継続しやすい価格になっていますので、経済的な負担感もありません。症状が出やすい人の中には、常備薬としておいている人もいるそうです。

 

 

ブテナロックVαクリームを成分からみた効果

優れた殺菌作用を持つ「ブテナフィン塩酸塩」

 

 

ブテナロックVαクリームでは白癬菌に有効な殺菌成分、「ブテナフィン塩酸塩」が有効成分として使われています。白癬菌を含む真菌(カビ)に対して非常に強力な効果を持つ成分で、水虫の原因にしっかり作用してくれます。

 

その有効性から、多くの水虫治療薬に使用されている成分です。そして、殺菌成分が患部で長くとどまる性質があるので、白癬菌の拡大を抑えつつ殺菌作用で治療を進めていくことが可能です。

 

成分の浸透を助けるために尿素が配合されており、皮膚や爪のたんぱく質に作用してやわらかくして浸透を促します。しっかり届いて効果を発揮するようになっているのは嬉しいですね。

 

 

水虫症状に有効な成分

ブテナロックVαクリームの特徴は、水虫の治療効果があるだけでなく、生じている水虫の症状を緩和する効果にも優れていることです。

 

たとえば、皮膚の炎症を抑えてかゆみを鎮める「グリチルレチン酸」や、臭いを出す元になる菌に有効な「イソプロピルメチルフェノール」、かゆみを抑え、スーッとした使用感を与える「l‐メントール」、かゆみを抑制する効果の高い「クロタミトン」、抗ヒスタミン作用で皮膚のかゆみを改善する「マレイン酸クロルフェニラミン」、かゆみが広がるのを止めるジブカイン塩酸塩といった成分が含まれています。

 

市販薬ですから、ひとつひとつの成分はあまり高濃度で使用できませんが、安全性とのバランスから最良と考えられるバランスで配合されています。爪水虫では患部の爪の症状だけでなく、その爪の周辺にも水虫症状が現れ、強い不快感をもたらすため、こうした部分にも配慮されています。