Dr.G’s クリアネイル

海外ではもはや定番の水虫治療薬となっているDr.G’s クリアネイルですが、どのような特徴のある商品なのでしょうか。

 

爪の真菌に強い外用薬

 

 

実はDr.G’s クリアネイルが最初に話題になったのはネイルサロン。ジェルネイルやアクリルネイルでは、時折グリーンネイルというトラブルがあります。

 

これは名前こそ美しいですが、爪とネイルの間の隙間に水分が入り込み、その隙間にカビが生えることによって緑に変色するものです。このグリーンネイルの治療のために開発されたのがDr.G’s クリアネイルで、非常に効果が高く各地のネイルサロンでの人気商品となったのです。

 

カビも水虫も真菌(カビのもとになる菌)の作用ですから、それが爪水虫にも有効ということで薬局で販売されるようになったそうです。浸透力があり、爪に強い商品というのも納得です。

 

 

強力な浸透力を持った塗り薬

通常、爪水虫のための外用薬というのはあまり効果がありません。爪の表面のタンパク質は非常に硬くできていて、そのためにしっかり浸透させることが難しくなっているのです。

 

 

しかしながら、Dr.G’s クリアネイルでは、有効成分トルナフタートが爪の上から素早く浸透しますので、爪の中にも有効成分を届けて治療を進めることが可能になっています。この浸透技術は特許を取得しているほど有用性が認められているものなのです。

 

 

副作用の心配がない

皮膚科における爪水虫の治療では、飲み薬が用いられるのが普通ですが、この飲み薬は効果があるものの、治療に時間がかかることと、そして何より副作用の心配があり、肝機能障害を招くリスクがあります。

 

Dr.G’s クリアネイルは塗り薬ですから、肝臓などに負担をかけることなく、そして素早く患部に届くために治療期間を短縮することができます。こういった優れた効果があるため、海外ではこうした外用薬を使うことが、一般的に最初の選択股となっているそうです。

 

 

ネイルサロンでも使われる実力↓↓

 

Dr.G’s クリアネイルを成分からみた効果

浸透力の高い有効成分トルナフタート

Dr.G’s クリアネイルの有効成分はトルナフタートです。これはハイアラージンと呼ばれることもある成分です。トルナルタートは、真菌の細胞膜を作るエルゴステロールが作られるのを抑制することによって、カビの増殖を抑える働きをします。

 

エルゴステロールがトルナフタートの働きによって合成できなくなると、細胞膜が破れて菌は死滅していくようになります。そのため、爪水虫の原因菌である白癬菌にも強力な効果を発揮します。

 

これがしっかり爪から浸透するように独自の浸透技術(特許取得)によって作られているので、なかなか成分が届かない爪の内側の白癬菌にもしっかり作用し、爪水虫の症状を改善していきます。

 

 

ノンアルコールのクリアネイル

Dr.G’s クリアネイルの特徴のひとつに、ノンアルコールという点があります。そのために、若干浸透力が弱くなっているという面がありますが、Dr.G’s クリアネイルなら、アルコールを使っていないために、ペディキュアなどの爪のオシャレの上からでも利用できる特性があります。

 

また、アルコールを利用しているものは、浸透はしやすくなりますが、浸透に時間がかかればすぐに蒸発して成分が無くなってしまいますので、塗った分が時間をかけてもしっかり浸透するのもメリットです。ですから、爪のメイクによって爪水虫をフォローしながら、裏ではしっかり治療をするということも可能なのです。

 

 

爪の状態を整える成分

 

 

Dr.G’s クリアネイルは爪の白癬菌の除去だけでなく、爪の状態をきれいに保ち、爪水虫による爪の崩壊も防いでくれます。イソプロピルパルミテートなどの成分は爪に適度な油分を保たせ、乾燥を防ぎ、爪の劣化を止める働きをしてくれます。

 

せっかくの爪がボロボロになってしまっては、再び生えそろうまでには長い時間が必要となり、その間は見た目も悪く、痛みも強くなってしまいます。爪の状態をきれいに保つことは、白癬菌を殺菌することと同様に、爪水虫治療の中で非常に重要なことなのです。

 

こんなあなたに使って欲しい

爪水虫の治療に悩んでいる人

爪水虫の治療にお悩みの人にはDr.G’s クリアネイルは非常に有効です。日本では爪水虫の治療には外用薬は向いていないという考えが主流ですが、水虫で悩む人の多い海外ではDr.G’s クリアネイルをはじめとして、多くの外用薬が用いられています。

 

これは、副作用の有無の問題を日本では重視しているのに対し、海外ではより効果がしっかり、より早く出ることを重視しているためです。

 

また、日本では爪の中にもしっかり浸透するような外用薬が出ておらず、そのために有効性があまり無いと考えられているためです。しかし、Dr.G’s クリアネイルは、浸透力のある有効成分が使われているため、しっかり患部に届いて短期間での爪水虫治療を可能にしています。

 

病院で処方される飲み薬でも、治療にかかる期間は半年から一年ほどかかりますが、外用薬であれば、2ヶ月程度で治るというケースも多いです。ですから、早く爪水虫を治したいという人には特に有効と考えられます。

 

 

副作用の心配がない水虫治療薬を探している人

Dr.G’s クリアネイルは副作用の心配が無いのも特徴です。現在、皮膚科での爪水虫治療の主流となっている飲み薬は、真菌(カビ)を殺菌できる強い成分を含んでいますが、それは人間にとってもダメージが大きく、肝機能障害や下痢などの副作用を招きます。

 

Dr.G’s クリアネイルは患部に塗って効果を発揮し、体の他の部分にはほとんど影響がありませんから、副作用の心配がありません。胃腸の弱い方や肝臓のトラブルを抱えた方だとしても安心して使用できます。

 

 

オシャレも楽しみたい人

爪水虫の治療中は、基本的に爪のオシャレは禁止となります。しかし、Dr.G’s クリアネイルであれば、ノンアルコールですから、メイクを飛ばしてしまう心配もありませんし、メイクの上からでも成分がしっかり浸透できますから、治療期間であってもペディキュアなどを楽しむことが可能です。

 

もともとネイルサロンでのトラブルを解消するために生まれた商品ですから、爪のオシャレを楽しみつつトラブルを解決する性能の高いのは当然なのです。爪水虫で弱った爪に潤いを与えてくれる効果もありますから、メイクのノリも良くなり、人によっては爪水虫を感じさせない見た目も可能です。

Dr.G’s クリアネイルのお得情報

Dr. G'sクリアネイルは爪水虫の治療のために多くの国で用いられている外用薬。これをお買い得に購入することが可能になっています。その方法は、セット購入を専用サイトからすることです。

 

複数個購入という方法もありますし、他の部位の水虫治療薬とのセットもあります。1万円以上の購入になれば送料も無料になりますし、爪水虫を生じている場合、ほぼ確実に周囲にも水虫を生じています。

 

しかし爪と肌は性質が違いますから、それぞれに効果のある外用薬で、挟み込むように治療していくことで、より高い治療効果が期待できます。模造品も出ているようですから、正規のサイトから購入するのが安心確実です。

 

 

ネイルサロンでも使われる実力↓↓